ITのサービスの現状



クラウドのバックアップ・ファイル共有なら|diginiq cloud drive
ITサービスマネジメントのことなら|LMIS
販売管理については;SKit FLEXi

現状、あらゆる商売でパソコンを使わない、インターネット環境を使わない企業は存在しないと言い切ってもいいかもしれません。
当然、業種業界によると思われますが、より多くの情報を収集分析する必要が現代の企業にはあります。

なぜ、そのような施策が必要なのかというと、マーケティングの環境がここ数年で変化しているからです。より細かいサービスを市場に投下していかないと、その市場で生き残っていけない時代になったのです。これは、マス・マーケティングからワン・トゥ・ワンマーケティングへの移行を表しています。つまりより細やかなサービスを一人ひとりに提供するのです。

この環境の変化によって、IT企業は、ITサービスマネジメントをより徹底する必要がでてきました。顧客一人一人が、求めているのもが違うので、顧客情報をより正確に掴んでおく必要があるのです。
ITサービスマネジメントとは、顧客情報を的確に掴んで、それをサービスの改善につなげることです。ITサービスマネジメントをしっかりとしていくことで、IT企業はさらなる競争力を得ることができます。

また、最近では、クラウドという概念もでてきています。
仮想環境で顧客にサービスを提供するクラウドでは、顧客に安価に安定したサービスを提供することができます。つまり顧客側は、ソフトウェアを自社のパソコンにインストールする必要がないのです。クラウドサービスは、あくまでオンライン上で、サービスを利用することができます。
非常に柔軟性のあるクラウドサービスですが、それゆえにサービス提供側は、ITサービスマネジメントができていないといけません。